製品紹介

製品紹介

金型のネオナイト
(NEONITE)処理

精密ガス軟窒化ネオナイト処理詳細

産業界で広く利用されている表面処理「ガス軟窒化」とは、鉄鋼材料に窒素を拡散浸透させ、表面に窒素化合物を生成させることにより、耐摩耗 耐かじり 耐焼き付き耐食性疲労強度の向上を目的とする処理方法で各種機械部品の寿命が大幅に改善されます。
従来の窒化法では、処理後、面粗さの低下や歪 寸法変化などの問題を起こすことがありました。
当社では、材料や用途により適切な温度時間 ガス組成をコントロールすることにより、処理を行うことでそれらの問題点を克服することを目的し、一歩進んだガス軟窒化処理であるネオナイト処理を開発しました。
最近では、精密な制度を要求される、機械部品 プラスチック金型 ダイカスト金型プレス金型などにご利用いただいております。

有効炉内寸法 480mm×500mm×1000mmまで。
処理可能重量 単体の重量が150kgまで。

処理温度と硬さ

低温度域 550℃以下
材料の前熱処理状態、形状などをふまえた上で、適切な温度で処理をいたします。
硬さ
材料別処理後の硬さ変化一覧表
材料別処理後の硬さ変化一覧表
材質 処理後の硬さ
SKD61(改) DH2F FDAC など 約900HV
プリハードン鋼 NAK80 HPM1など 約800~850HV
SCM(改) PX5 HPM7 など 約750~800HV
SUS系 HPM38PD555 など 約1000~1100HV
処理温度と硬さ
処理温度と硬さ

寸法変化

寸法変化

処理後の変化を5μm以下に抑えます。
製品の大きさ、形状などで、若干ですが変化します。

面粗さ

処理後の面粗さはほとんど変化しません。特にガス軟窒化特有の表面のざらつきはありません。

シボ加工品
シボ加工品

シボ加工品

窒化層の生成により、数ミクロン、凹凸が浅くなりますので、色合わせが必要な場合がありますが、ほとんどの場合、そのままでご使用いただいております。

鏡面加工品 みがき品

鏡面加工品 みがき品

表面が曇った様な感じで仕上がります。しかし面粗さはほとんど変化しておらず、ざらつきもありませんので、従来のガス軟窒化処理よりも、磨き等の手仕上げ時間が短縮できます。
実際にはそのままでご使用いただいている場合が大勢です。

溶接性

窒化後の、肉盛溶接は非常に困難とされてきましたが、ネオナイト処理は、窒化後の溶接が容易に行えます。
特に金型の形状変更や修正が必要な場合に役立ちます。

金型にネオナイト処理後、
溶接をしたサンプル写真

溶接性
溶接性

ネオナイト-ガンマ-
(NEONITE γ)処理

ステンレス鋼を使って製作されている、摺動部品 ネジ などに、均一で安定した窒化層を生成させることのできる処理がネオナイトガンマー処理です。
前処理の酸洗いやブラスト処理などを行わないので、処理後製品の面荒れ 変形 などがおきません。
そういった問題でお困りの点があれば、是非一度お問い合わせください。
製品によっては翌日お渡し可能です。

ステンレスの
ネオナイト-ガンマ-(NEONITE γ)処理

特徴
品質特性-
表面の硬さ 1000HV以上(SUS304)
処理温度は、550℃まで製品に応じて調整可能
表面硬度の超飛躍的UP
ステンレスにNEONITE γ(窒化)すれば、表面硬さは5倍程度上昇します。
表面硬度の超飛躍的上昇は、ステンレス部品の磨耗による消耗対策には、適しているといえます。
各種ステンレスの処理後の硬さの変化
材質 処理前の硬さ 処理後の硬さ
SUS304
(オーステナイト系)
200HV 1000HV以上
SUS420J2
(マルテンサイト系)
250HV
(前処理なし)
900HV以上
SUS630
(析出硬化系)
300HV
(析出硬化処理無し)
900HV以上
SUS410
(フェライト系)
150HV 900HV以上
析出硬化も同時に行える優れ者
一般に析出硬化系ステンレスは、析出硬化処理を施して疲労強度を上げた状態で使用されています。
NEONITE γは、析出硬化温度域で処理を行うので、窒化と同時に析出硬化を行えます。
よって、表面の硬さの上昇だけでなく内部の硬さも上がりますので、まさに一石二鳥の処理です。
摩擦係数と磨耗量が大きく変化します。
表面硬度の超飛躍的上昇と窒素の内部拡散の相乗効果で、摩擦係数の低域と磨耗量が大幅に減少します。

窒素の内部拡散の様子

窒素の内部拡散の様子

摩擦係数の変化

摩擦係数の変化
ピンオンディスク磨耗試験機にて測定
試料:SUS304
ピン資料:SUS304
優れたつきまわり性
即効性のある流動窒化ガスを採用していますので、ステンレスパイプなどの内径に硬さが必要とされる製品にも内径にきっちりと硬さが入ります。
90°に曲げてあるパイプにも処理可能です。

SUS304パイプの
窒化後の変化

SUS304パイプの窒化後の変化
内径からの窒化深さと外径からの窒化深さの比較グラフ
試料:SUS304パイプ
大きさ:外径Φ20×内径Φ10×1000mm 曲げ角度90°

内径からの測定値と外径からの測定値が、ほぼ一定なのがお分かり頂けると思います。
この結果から、NEONITE γは内径に硬さが必要な製品にも処理が可能です。

その他の熱処理

その他の熱処理
取扱品目
 ステンレスバネ部品の強度UP(バネテンパー)
 析出硬化処理
 真空焼入れ
 無酸化焼入れ
 浸炭・浸炭窒化処理
 高周波焼入れ
 タフトライド
 ガス軟窒化
 イオン窒化
 その他あらゆる熱処理のご相談。

各種試験結果

ドリルの切削試験結果

ドリルの切削試験結果

面の粗さの変化

面の粗さの変化